コンテンツ

給湯器の水漏れが起こる原因

水まわりのトラブルで見られる問題の一つに、給湯器の水漏れがあげられます。放置すると危険な水まわりのトラブルですので、発見した場合には慌てず、自分にできる事をやり、素早く業者に相談しましょう。

■経年劣化による原因

給湯器が水漏れしてしまう原因で特に多いのは経年劣化です。使用開始から7年から10年近く経過すると、部品が劣化し、水が漏れてしまう場合があります。特にゴム製品のパッキンは経年により劣化しやすく、役目を果たせず水漏れしてしまうのです。給湯器から水が漏れると、内部でガスの不完全燃焼が起こる危険性がありますが、その時には安全装置が働きます。しかしながら、安心はできませんので給水バルブはしっかり閉め、被害が拡大しないようにしましょう。

■凍結等による故障

給湯器は冬季、気温が下がる時期にも故障する場合があります。配管内に溜まっている水が、気温の低下に伴い凍結し、膨張する事で配管が破裂してしまうのです。寒冷地に起こりやすいと思われがちですが、寒冷地は凍結に備えて凍結防止の対策をしています。そのため、暖かい地域こそ、冬季の凍結被害に注意しなければなりません。配管の破裂は本体の交換が必要となるケースもあるため、そうなる前に凍結の予防をしておくのをおすすめします

■まとめ
給湯器は経年劣化や凍結での故障が主な原因としてあげられます。未然に水漏れを防ぐには、定期的なメンテナンスや凍結防止の対処が必要です。また、万が一水漏れした時は、迅速に業者に相談する事も大切でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ