コンテンツ

給湯器の水漏れは故障の兆候

普段は当たり前のように使用している給湯器ですが、壊れてしまう可能性がある機器です。大切なのは故障した後にすぐに修理に出すのに加え、可能であれば不具合の兆候を早めに発見する事です。何か違和感を覚えた場合、業者に調べてもらうよう意識しておきましょう。

■不具合の兆候

給湯器の不具合の兆候として、水漏れがあった場合には確実に修理に出すべきです。水漏れのようにわかりやすく不具合が出てくれれば良いのですが、例えば温度が一定にならなかったり、本体から異音が聞こえたり、お湯が出なかったりする場合など、気付きづらいシチュエーションもあります。例えば、黒い煙が出ている場合には不完全燃焼を起こしている可能性があるため、これらのような不具合があった場合には、念のために業者に連絡して聞いてみると安心です。

■自分で解決しようとはしない

給湯器の修理を業者に依頼すると、場合によっては高くついてしまいます。そのため、自分で解決しようと考える場合もあるかもしれませんが、基本的に給湯器の修理は業者に依頼をおすすめします。知識のない方が修理しようとすると、バルブを損傷させてしまったり、怪我をしたりと、かえって被害が拡大する恐れがあります。ガスを使用している機械なので、業者に依頼しましょう。

■まとめ
毎日使っていると、ちょっとした不具合があれば気がつくと思います。大切なのは、気がついた時放置しないようにします。特に給湯器の不具合を放置する事は危険なので、何かに気がついたら早めに業者へ相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ