コンテンツ

使用年数と給湯器の水漏れ

普段目にする家電製品はどのようなものでも、長く使えば使うほど不具合が現れてきます。給湯器も同じで、長期的に使用していた場合、内部の部品に経年劣化が起こり、水漏れが起こる事があります。経年劣化ではない場合もあるため、場合によっては購入したショップに連絡する必要があります。

■取り付けてすぐのトラブル

給湯器を取り付けて間もない時期に水漏れなどの不具合がみられた場合、それは経年劣化以外の原因がある可能性が考えられます。設置から間もない場合、給湯器そのものが不良品であったり、あるいは取り付け時の整備不良である可能性があります。そうした場合、もちろん業者に依頼しても良いですが、購入したショップに連絡すると良いでしょう。保証書があれば無料で交換してもらえる可能性があります。

■経年劣化による故障

給湯器を長期的に使用している場合、それは経年劣化による故障である可能性が高いです。ゴム製のパッキンは時間とともに悪くなりやすいため、交換する必要があります。取り付けてから10年未満の場合は修理で済む場合があるものの、10年を超えた場合、修理よりは交換をすすめられるケースの方が多いでしょう。いずれにしても一度、業者に見積もりを出してもらう事をおすすめします。

■まとめ
給湯器は毎日使用するものだけあって、故障すると非常に不便な生活になります。水漏れなど明らかな不具合が発見された場合は、ショップもしくは業者に連絡し、対処してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ